正社員で働くデメリット

気軽に働くわけにはいかなくなる

固定の工場で働く場合、アルバイトスタッフやパートタイマーなどといった、気軽な立場で働くことも多いです。例えば、工場の求人情報を確認すれば、正社員以外の立場で働くことになる現場がいかに多いかがわかるでしょう。特に、出稼ぎ労働者として、工場で働く人もたくさんいますし、その際には人材派遣社員などの形で働く人が少なくありません。正社員として働いても構いませんが、その際には気楽に働くわけにはいかなくなるので、責任が問われることになります。気軽に働きたいと感じている人には不向きなので、そのような考え方の人は、最初からアルバイトスタッフなどの形で働ける工場の求人情報に注目しましょう。利用するツールとしては、アルバイト求人情報専門雑誌がお勧めです。

仕事的にも割と大変なポジションが多い

工場ではアルバイトの人も多く働いているわけですから、正社員のポジションになると、その人たちを使う立場になります。エグゼクティブな立場になるので、当然ながらアルバイトのままよりも、給料が良くなったり、福利厚生が充実したりして生活は安定することになるでしょう。ただ、その分アルバイトの人たちをまとめなければいけないので、仕事が難しくなってくるのも事実です。場合によっては、上司との板挟みになり、苦労するでしょう。そうなりたくないのであれば、工場の求人情報を探す段階で、最初から正社員以外の雇用形態に目を向けておいた方が無難です。素直に、自分自身が求めている雇用形態の職場を選ぶことが、大きなポイントとなります。

© Copyright Factory Job Opening. All Rights Reserved.