正社員で働くメリット

就労場所が固定されて働きやすい

工場ではアルバイト、パート、そして正社員など様々な立場の人が働いています。では、工場内で正社員として働くメリットはどういったものが挙げられるでしょうか。まず、働く場所が固定されやすいので、毎日、違うところへ行って一から仕事を覚える必要がありません。アルバイトの場合、工場で働き始めてからどれくらい経っているのかにもよりますが「ヘルプ」という扱いになることが少なくなく、日々、人手が足りないところや欠員が出た部署に行くように指示されることがあります。短期間で次から次へと働く環境や作業内容が変わるので大変です。 また、解雇されにくいのも大きなメリットでしょう。工場の場合、生産している商品が販売されなくなるなどの理由で、閉鎖したり、あるいは人員を削減したりするといったことが結構頻繁にあります。やはり、そういった状況で最初に解雇されやすいのは非正規労働者です。

工場で作っている商品を社員割引で購入できる

車での通勤が認められるのも正社員として働く大きなメリットです。工場は就労している人数がかなり多いため、駐車場の利用者を制限していることが珍しくありません。アルバイトやパートに対しても車での通勤を認めると駐車場があふれてしまうため、制限の対象はやはり、非正規雇用者になってしまうのです。アルバイトの立場でも車で出勤したいという人は工場の近くに駐車場を借りるケースもありますが、当然、お金がかかってしまうので、工場の敷地内に車を置ける正社員は有利といえるでしょう。 さらに、工場で製造している商品を社員割引で購入できるのも正社員ならではの特典といえます。食品のように何度もリピートして購入する商品であれば、家計が助かるでしょう。

© Copyright Factory Job Opening. All Rights Reserved.